病気と予防法

予防できる伝染病

犬パルボウィルス感染症 激しい嘔吐、下痢を起こし、食欲がなくなり、急激に衰弱します。重症になると脱水症状が進み、短時間で死亡することもあります。死亡率の高い病気です。
犬ジステンバー 高熱、目ヤニ、鼻水が出て、元気や食欲もなくなり、嘔吐や下痢もします。また、病気が進むと神経系がおかされ、麻痺などの後遺症が残る場合があります。死亡率の高い病気です。
犬伝染性肝炎 発熱、腹痛、嘔吐、下痢が見られ、目が白く濁ることもあります。生後1年未満の子犬が感染すると、まったく症状を示すことなく突然死することがあります。
犬アデノウィルス2型感染症 発熱、食欲不振、くしゃみ、鼻水のほか、短く乾いたせきが見られ、肺炎を起こすこともあります。他のウィルスとの混合感染により症状が重くなり、死亡率が高くなる呼吸器病です。
犬パラインフルエンザ
ウィルス感染症
風邪症状が見られ、混合感染や二次感染が起こると重症になり、死亡することもあります。伝染性が非常に強い病気です。
犬コロナウイルス感染症 嘔吐や下痢を起こします。他のウイルスと混合感染すると症状が重篤になります。
犬レプトスピラ感染症 レプトスピラには、カニコーラ、イクテロヘモラージ、ヘブドマディス、コペンハーゲニーなどがあります。嘔吐、下痢、黄疸、多飲多尿など消化器疾患、肝疾患、腎疾患に関連する多くの症状がみられます。人にも感染する恐ろしい病気です。
戻る
ページのトップへ
診療日変更のお知らせ
山陽動物医療センター桜が丘でキャットフレンドリークリニックゴールドを取得しました

飼い主の方へ

  • イベント情報
  • 入院のご案内
  • 病気と予防法
  • 避妊・去勢手術
  • 健康診断ドック

獣医師の方へ

  • 学会開催案内
  • 症例
  • 小動物臨床血液研究会
  • 採用情報
山陽動物医療センター採用サイト